くつろぐ妊婦

子どもが欲しいという希望を叶える卵子提供

結婚をした後、配偶者の遺伝子を引き継ぐ子どもを生みたいと考えても、年齢や卵子の状態が原因でなかなか妊娠や出産にたどり着かないと悩む人は少なくありません。人によっては、卵子自体がなく妊娠を望めないこともあります。そんな年齢や卵子の問題があっても、配偶者の子どもが欲しいという場合は、卵子提供という方法を検討してみると良いでしょう。
30歳未満の若い女性から採取した卵子を使って体外受精を行う卵子提供という方法であれば、出産が難しい年齢の人でも様々な事情で卵子がない人でも、配偶者の遺伝子を引き継ぐ子どもを妊娠できる可能性があります。老化が始まる前の卵子は着床後に流産をすることが少なく、不妊治療で体外受精をしてもなかなか妊娠や出産にたどり着かなかったという人でも、卵子提供に切り替えれば妊娠できる可能性が大幅に高まることになります。そのため、どうしても子どもが欲しいと悩んでいるのであれば、一度卵子提供プログラムのエージェンシーと相談をしてみると良いでしょう。相談をすることで、妊娠を諦めていた人でも、子どもを持てる可能性が生まれることは少なくありません。無料相談ができるエージェンシーを選べば、気軽に悩みや不安を解消することができます。

40歳を過ぎていても卵子提供プログラムで妊娠できる!

子供が欲しいと長年不妊治療を頑張ってきた夫婦にとって、最終手段ともいえる方法があります。それが、卵子提供プログラムです。不妊治療の最終手段とも呼ばれている卵子提供プログラムですが、手続き等が難しいので、自分たちには無理だと考えがちです。今までの不妊治療に疲れてしまったという人も多いです。しかし実際は、エージェンシーに相談することで、いろいろな手続きを代行してくれたり、卵子提供について分かりやすく説明してくれます。自分で調べてくださいというような冷たい扱いをされることもありませんし、不妊治療の大変さは理解してくれるエージェンシーが対応してくれます。ある程度の年齢になっていたとしても成功率が高い方法ですから、年齢で諦めてしまうのはとてももったいないです。助けになってくれるエージェンシーがいますので、専門家に相談して卵子提供を通して、妊娠を目指し続けましょう。40歳を超えた多くの女性がこの方法で子供を授かっていますので、まずは気軽にエージェンシーと連絡を取りましょう。そうすると必要な手続きについて、また具体的に卵子提供プログラムの方法について話を進めてくれます。難しい部分はお任せして、お母さんになるために必要な体力を温存しておくことができます。

卵子提供プログラムの流れを知って専門家に相談しよう!

卵子提供プログラムを利用して不妊治療を成功させたいと考えているカップルが増えています。色々な不妊治療にチャレンジしたけれどもうまくいかなかったという人もいます。しかし卵子提供プログラムの成功率は高いです。どのような流れになるかというと、まずはエッグドナーと呼ばれる卵子提供者の卵子と、旦那さんの精子を体外受精させます。それから受精卵になったものを奥さんの子宮に移植するという方法です。旦那さんの精子で受精卵となっていますし、奥さん自身の子宮で育てて妊娠することができるので、通常の妊娠にかなり近い形で出産することができます。プライバシーも守られているので他の人に卵子提供プログラムを利用したということが漏れる心配もありません。エッグドナーをどうやって探せばよいのだろうかと不安になるかもしれませんが、専門のエージェンシーに相談すると紹介してもらえます。家族から卵子提供してもらうということも可能ですので、いろいろなパターンを考えて相談してみましょう。多くの実績を持っているエージェンシーであればそれぞれのメリットについて説明してくれますし、注意点に関しても教えてもらえます。大体の流れを把握しておくと問い合わせもしやすくなります。

ピックアップ

マタニティヨガ

エージェンシーとの卵子提供の契約後の流れ

卵子提供は、エージェンシーに相談するところから始まります。環境が整った医療技術の高い海外で、治療が行われます。エージェンシーと…

more
Top